香港貧乏旅日記 時々レスリー・チャン


タグ:尖東 ( 39 ) タグの人気記事



紅磡経由尖沙咀

2018.4.5(四)

b0248150_10421215.jpg
紅磡Hung Homの寶其利街Bulkeley St.でバスを降りました。


b0248150_10431273.jpg
しかし、目的のお店紅磡雞蛋仔は、清明節の祝日の為か休業…しおしおのぱー
(以前の記事はこちら)


b0248150_10442764.jpg
名も知らぬパン屋さんで蛋撻(エッグタルト)1つお買い上げ、3HK$。
お味は至って普通。


b0248150_10450875.jpg
下の滷水もつ煮をお買い上げ、15HK$。


b0248150_10454894.jpg
叉燒(チャーシュー)も美味しそうだわー


b0248150_10461954.jpg
裸電球、渋過ぎー昭和な世界~

何か御飯を食べられる所がないか、探したのですが祝日の為か、飲食店は閉まっていました、なんてこったパンナコッタ。

仕方が無いので、また8號バスに乗って先へ進みます。

寶其利街→香港歴史博物館Hong Kong Museum of History、5.1HK$。


b0248150_10470896.jpg
香港理工大學The Hong Kong Polytechnic Universityで、作詞家の鄭國江Cheng Kwok Kongのエキジビションが行われていて、そこにレスリーの歌「風繼續吹」の手書き原稿があるそうなので見たかったのですが、場所は来たらわかると思ったのですが、あらゆる掲示板を見ても何も無いし、何人かの学生にも聞いたのですが、知らないか、祝日だからやってないよ、とか言われる始末…仕方なく退散…


b0248150_10593057.jpg
ここから寄り道しながら、歩いて宿へ帰ることにします。

花襲人

by leslie339 | 2018-08-24 21:42 | 香港2018.4 | Trackback | Comments(2)


尖東→宿

2017.12.12(二)

夜景の鑑賞も一通り終わったので徒歩で宿まで戻ります。


b0248150_17581742.jpg
一番高いビル、K11の裏側に宿があります。


b0248150_18005284.jpg
夜景の華やかさに比べて、なんとなく寂しく見えてしまうのは宴の後だからでしょうか。


b0248150_18014374.jpg
星光花園Garden of Stars手前の行人天橋(歩道橋)にはレスリーの写真があります。
レスリーにご挨拶して通り過ぎます。(なぜこの写真???)


b0248150_18024027.jpg
星光花園を通り抜けます。
ここに来たからには麥兜McDullにもご挨拶。

夜はシーンとしていて意外と暗くて、ちょっと女子一人では通らない方が良いかと思いました。 (用心に越したことはないので!)
香港の友達と一緒でしたけれど女二人でも、ちょっと怖かったです。(おばさんだけど、、、)

星光花園を出てすぐG小姐はバスに乗り家路につきました。


b0248150_18035772.jpg
K11まで戻ってきました。


b0248150_18053175.jpg
管理人の大好きな紫色のデコレーション!とても素敵です。
でもクリスマスに関係あるのかな?

それでは宿に戻ります。

花襲人

by leslie339 | 2018-03-30 12:00 | 香港2017.12 | Trackback | Comments(0)


尖東のクリスマスイルミネーション2017 Part2

2017.12.12(二)

つづきです。

b0248150_19522409.jpg
b0248150_19530329.jpg
行人天橋(歩道橋)のイルミネーションも可愛いですね。


b0248150_19535326.jpg
可愛らしいケーキですが、お値段は可愛いらしくないそうです<G小姐談。


b0248150_19543894.jpg
ちょっとした街歩きが、こんなに楽しめるのもクリスマスになるが故ですよね。


b0248150_19552583.jpg
クロコダイルに飾られていた、くるみ割り人形がクリスマスと関係あるのか?ないのか?解からないのですが管理人の一番のお気に入りになりました。


b0248150_19562383.jpg
この画面に映し出される画像がとても綺麗だったので何枚か撮ったのですが動いているために全部ブレブレでした。。。


b0248150_19574738.jpg
尖沙咀中心Tsim Sha Tsui Centre。
ですよね?間違ってたら御指摘御願い致します🙇
ここは全面がスクリーンになっていて動画が映写されていました、とても綺麗なので思わずビデオ撮影しました。


b0248150_19594423.jpg
b0248150_20003459.jpg
やっぱりクリスマスの夜景は素晴らしいですね。
こういう時は、もっと良いカメラが欲しいといつも思います。


b0248150_20013787.jpg
永安廣場Wing On Plaza。


b0248150_20021791.jpg
九龍香格里拉大酒店Kowloon Shangri-La Hotel。


b0248150_20025823.jpg
斜め横から見るとハート型がしっかり判かって、こちらの方がフォトジェニックですね。

花襲人

by leslie339 | 2018-03-30 09:00 | 香港2017.12 | Trackback | Comments(0)


尖東のクリスマスイルミネーション2017 Part1

2017.12.12(二)

b0248150_14025854.jpg
永星里Wing Sing Laneから41Aのバス、5.1HK$に乗って加連威老道Granville Rd.で下車。
G小姐が同行してくれました。


b0248150_14215120.jpg
漆咸道南Chatham Rd.South歩道橋のイルミネーション。

百週年記念花園Centenary Gardenからクリスマスイルミネーションの写真を撮り始めます。


b0248150_14222760.jpg
新文華中心New Mandarin Plaza。


b0248150_14235079.jpg
b0248150_14241401.jpg
b0248150_14250915.jpg
南洋中心South Seas Centre。


b0248150_14271549.jpg
東海商業中心East Ocean Centre。


b0248150_14275719.jpg
b0248150_14283499.jpg
b0248150_14290242.jpg
b0248150_14292633.jpg
富豪九龍酒店Regal Kowloon Hottel。


b0248150_14301943.jpg
b0248150_14305172.jpg
b0248150_14311727.jpg
b0248150_14314223.jpg
帝国中心Empire Centre。


b0248150_14331140.jpg
b0248150_14333752.jpg
中空のイルミネーション。
これは毎年とても綺麗ですね。


b0248150_14342151.jpg
帝苑酒店The Royal Garden Hotel?間違っていたらすみません。


b0248150_14353344.jpg
南洋中心を振り返って撮ってみました。

つづく

花襲人

by leslie339 | 2018-03-29 18:00 | 香港2017.12 | Trackback | Comments(0)


星光花園

2017.12.12(二)

973號巴士(バス)を終点の尖沙咀(麼地道)Tsim Sha Tsui(Mody Rd.)で降り、そのすぐ上にある星光花園Garden of Starsに寄ってみました。


b0248150_19321836.jpg
左側が麼地道バスターミナルです、出てすぐの所にエスカレーターがあるので、それで上に上がると星光花園です。


b0248150_19334876.jpg
麥兜McDullもお出迎え。


b0248150_19344871.jpg
2018年3月までとなっていますが、先日の報道では元のアベニューオブスターズ基礎部分の根元が海水に侵食されて傷んでいたので、付け替え工事になるそうで、再開時期が延期になっています。


b0248150_19351800.jpg
b0248150_19353601.jpg
エスカレーターに乗って上に上がってみましょう。


b0248150_19360604.jpg
横の階段は映画のフィルムのカウントダウンのようになっていました。


b0248150_19371923.jpg
星光花園に来たからにはまずレスリーのプレートにご挨拶。


b0248150_19375647.jpg
b0248150_19381366.jpg
しばらく来なかったら絵えが変わってしまっています、エッ~ハリウッドばっかり~✴️


b0248150_19385013.jpg
b0248150_19391455.jpg
b0248150_19393595.jpg
b0248150_19395626.jpg
香港陣も健在でしたでした、レスリーはどこ???


b0248150_19402827.jpg
b0248150_19404626.jpg
梅艷芳(アニタ・ムイ)とコンビになっていました。
絵が変わったこと管理人は全く知りませんでした。。。
いつから変わったのかご存知の方、是非教えて下さいお願い致します🙇。

プレートは地面に敷いて踏まれるより、このようにスタンドで飾ってある方が見やすくて良いと思います。
また元の場所に戻ってもこの様に展示していただきたいです。

管理人の趣味でプレートをのせています、ご興味のない方は飛ばしてください。


b0248150_19453784.jpg
曾志偉(エリック・ツァン)。


b0248150_19415993.jpg
狄龍(ティン・ロン)。


b0248150_19422106.jpg
許冠傑(サミュエル・ホイ)。


b0248150_19425330.jpg
林青霞(ブリジット・リン)。


b0248150_19431627.jpg
呉宇森(ジョン・ウー)。


b0248150_19445143.jpg
張叔平(ウィリアム・チョン)。


b0248150_19451818.jpg
梁家輝(レオン・カーファイ)。


b0248150_19455835.jpg
張艾嘉(シルビア・チャン)。

一通り見て回ったら階段を降り漆咸道南Chatham Rd.Southを渡った所にあるスーパー惠康Wellcomeへ行きました。


b0248150_00040633.jpg
ココアを買って、一旦宿へと戻りました。

花襲人

by leslie339 | 2018-03-29 09:00 | 香港2017.12 | Trackback | Comments(0)


跨越海洋@香港歴史博物館(HKミュージアムオブヒストリー)6 (海外旅行部門)

つづきです。

お遊びのコーナーに行きます。

b0248150_17424398.jpg
まず好きな船を選びます。

b0248150_17433978.jpg
b0248150_17440594.jpg
b0248150_17443449.jpg
b0248150_17445887.jpg
b0248150_17452791.jpg
良く判らないのですが(笑)微妙に違います。(笑)
b0248150_17460987.jpg
マストが沢山あるのを選びました。
次に色付けが出来ます。
マストが黒くなってしまいました。(笑)

b0248150_17482072.jpg
マストを白に戻し船体に色付けします。

b0248150_17505545.jpg
輸出先が選べます、フランス。

b0248150_17503988.jpg
スペイン。

b0248150_17502232.jpg
敬意を表してイギリスを選択。

b0248150_17533794.jpg
出荷物を選んでOKのサインを貰います。

b0248150_17544210.jpg
前面のスクリーンに自分の船が出港していきます~~~

b0248150_17555871.jpg
他に遊んでいる人の船も出港!

b0248150_17570832.jpg
やるじゃん、歴史博物館!

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト

by leslie339 | 2017-01-23 20:41 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(0)


跨越海洋@香港歴史博物館(HKミュージアムオブヒストリー)5 (海外旅行部門)

つづきです。

b0248150_15361084.jpg
シルク
中国の主要な輸出品、遠くはヨーロッパまで売られていました、正に海のシルクロードです。

b0248150_15384734.jpg
シルバーコイン
中国のシルクはヨーロッパ社会の贅沢品となり需要は増大した。
明、清の年間、中国からヨーロッパへ輸出された品物に対してヨーロッパのシルバーコインが中国に流入した。

b0248150_15474508.jpg
ティーブレイク
十七世からイギリスとオランダに大量の中国茶葉が輸出されるようになる。
ティーブレイクはヨーロッパの風習となる。

b0248150_15514851.jpg
茶葉
明、清年間、茶葉は中国海上貿易の輸出の王様になる。

b0248150_15531083.jpg
草蓆
草蓆とは何ぞやと調べたらどうやら日本で言うイグサの様です。
宋年間の中国南方の海外輸出品。
輸出先は今のベトナム中部とカンボジアだったようです。

b0248150_16035064.jpg
沈香
中南半島の香料、沈香は中国大陸に一種の香薬品として輸出されていた。
香港の名前の由来の一種と考えられている品ですね。

b0248150_16071874.jpg
中薬材
宋年間、薬材は中国から高麗へ売られていた貿易品。

b0248150_16091672.jpg
朝鮮人参
高麗の商人が中国へ運んでいた。

b0248150_16104615.jpg
薩摩芋
薩摩芋は元々は南アメリカ産、明の萬歴年間にフィリピン、ベトナムとブルネイ等の地から中国に伝わった。
その先が日本なのね。。。

b0248150_16161905.jpg

明年間、福建の泉州で製糖業が発展、糖は明年間の海上貿易禁止時代、密輸品の重要な品物の一つとなった。
そんな事書いて良いの???

b0248150_16200993.jpg
磁器
宋年間、中国と日本の民間貿易の主力商品。
磁器は中国の主要な貿易品。

b0248150_16222080.jpg
硫黄
宋年間、硫黄は日本へ運ばれる中国の主要な輸出品。
硫黄は火薬の原料で、宋年間軍事に応用された。

日本と中国はこんな関係だったんですね。
勉強になりました。

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト

by leslie339 | 2017-01-22 22:27 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(0)


跨越海洋@香港歴史博物館(HKミュージアムオブヒストリー)4 (海外旅行部門)

つづきです。

b0248150_17325044.jpg
右側の入れ物が気になって解説を見ると・・・
青瓷虎子
何と尿瓶です。。。

b0248150_17371222.jpg
b0248150_17373257.jpg
b0248150_17374674.jpg
もちろん普通の焼き物が主です。

b0248150_17383176.jpg
福州の開元寺にある日本の空海像。

b0248150_17404661.jpg
福州の開元寺。

b0248150_17413472.jpg
b0248150_17414824.jpg
b0248150_17420350.jpg
焼き物の歴史に詳しくないので写真だけ見てやって下さい。💦

つづく

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村


第一回プラチナブロガーコンテスト

by leslie339 | 2017-01-21 21:55 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(0)


跨越海洋@香港歴史博物館(HKミュージアムオブヒストリー)3 (海外旅行部門)

つづきです。

映像の特設コーナーがありました。
b0248150_09583214.jpg
原版は奈良の国立博物館にあるそうです。
日本の仏教と中国の関りが密接だったことが解ります。

b0248150_10021017.jpg
建仁寺の碑文。

b0248150_10041829.jpg
建仁寺内の≪榮西禅師の茶碑≫

b0248150_10062091.jpg
寧波と日韓の文化的交流。

b0248150_10073502.jpg
日本人僧の最澄と空海が茶葉(茶の種)を日本に持ち帰った。
南宋の時期、栄西は≪喫茶養生記≫を書き、日本の茶道文化は寧波の影響下で発展形成されていった。
その他、餘姚人の朱舜水は中国の儀礼制度、建築造営、農業園芸から服飾等を日本に赴き紹介した。

b0248150_10364404.jpg
天童寺、別名「東南佛國」、歴史上最も多くの日本人僧が禅を学んだ、中外の仏教文化の交流に重要な役割を果たした。

b0248150_10424247.jpg
栄西、日本人僧、南宋年間天童寺で禅を五年間学ぶ、中国仏教の臨済宗を日本に伝える。

b0248150_10491325.jpg
道元、日本人僧、南宋年間、天童寺に入り仏法を学ぶ、帰国後日本の曹洞宗大本山永平寺を作り、天童寺はその源流である。

b0248150_10561750.jpg
蘭渓道隆、天童寺の名僧、南宋年間日本に渡り、最初に日本に禅を伝えた中国の禅僧。

b0248150_11005869.jpg
無学祖元、鄧県の僧、1279年日本に赴き禅宗を広める、彼の伝えた「仏光派」は禅宗で日本に最も影響を与えた。

b0248150_11115883.jpg
奈良東大寺の南大門は、和卿(南宋年間の仏像彫刻家)の主導で再建された。
南宋年間、北宋の浙東仏教建築が日本に伝わり、鎌倉時代の新建築様式となり、「天竺様式」或いは「大仏様式」と呼ばれている。

b0248150_11530417.jpg
奈良の国立博物館に所蔵されている、中国の仏画。

本日は固い話題になってしまいました、原文からの翻訳ですので見方が中国寄りになっています。

つづく

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト

by leslie339 | 2017-01-18 21:47 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(0)


跨越海洋@香港歴史博物館(HKミュージアムオブヒストリー)2 (海外旅行部門)

つづきです。

b0248150_07392499.jpg
日本の稲荷神社の元は媽祖廟なのだそうです。

b0248150_07444930.jpg
b0248150_07451052.jpg
伝教大師入唐通牒(複製品)

唐の貞元二十年(804年)、日本人僧最澄(767-822年)は遣唐使として入唐、浙東の天台山で天台教の教義を習い、明州の開元寺で受戒を受ける。
806年、最澄は帰国し、京都比叡山に延暦寺を創建し、日本の仏教に天台宗を創立する。この通牒は又の名を≪明州通牒≫、原本は滋賀県の延暦寺に所蔵されている。

b0248150_08070549.jpg
b0248150_08072283.jpg
b0248150_08073970.jpg

明宣宗手諭(複製品)
宣德七年(1432年)、日本の天皇は京都天龍寺主持籠室道淵(原籍寧波)を正使として率使団を中国に派遣した。明宣宗は天皇自らの手で賜った、原本は日本の藤井有隣館に所蔵されている。

b0248150_08262313.jpg
b0248150_08263878.jpg
b0248150_08265730.jpg
b0248150_08271510.jpg

≪山水長巻≫(複製品)
明の成化三年(1467年)春、日本人僧雪舟は日本から随明船で寧波に上陸し、天童寺に逗留、後に北京などの地を遊歴し、中国画の技法を学ぶ。彼は日本の特色を有した水墨画の開祖となる、日本では「画聖」との誉れが高い、代表作には≪唐土勝景図≫、≪育王山図≫≪四季山水図≫等。この≪山水長巻≫の原本は日本の山口毛利博物館に所蔵されている。

つづく

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト

by leslie339 | 2017-01-17 22:55 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(0)

    

レスリー・チャンとクリーム兄貴の大ファンです。
by 花襲人
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
行ってきます
at 2018-11-28 21:41
2018.9.11(火)振り返り
at 2018-11-24 22:06
九巴6號巴士@北河街→金馬倫道
at 2018-11-22 23:26
堅記大排檔
at 2018-11-21 21:56
南山邨
at 2018-11-20 22:55
深水埗ウォッチングpart3
at 2018-11-18 21:57
櫻桃麵包西餅
at 2018-11-17 22:27
華南冰室
at 2018-11-16 21:56
深水埗ウォッチングpart2
at 2018-11-15 21:57
深水埗ウォッチング
at 2018-11-14 22:30
混醬坊 再び
at 2018-11-13 22:02
九巴6號巴士@中間道→福華街..
at 2018-11-12 22:13
尖沙咀散策
at 2018-11-11 22:30
蓮姐小食
at 2018-11-10 22:51
2018.9.10(月)振り返り
at 2018-11-09 23:18
九巴6號巴士@旺角警署→金馬倫道
at 2018-11-08 21:52
甜品叔叔
at 2018-11-07 22:59
警察體育遊樂會
at 2018-11-06 22:21
九巴203C@半島酒店→警察..
at 2018-11-05 23:02
深水埗站
at 2018-11-04 22:20
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
記事ランキング
最新のトラックバック
ファン
その他のジャンル