香港貧乏旅日記 時々レスリー・チャン


<   2017年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧



ペニンシュラホテルのイルミネーション再び (海外旅行部門)

季節限定物いきます。

2016年12月8日

b0248150_13374375.jpg
b0248150_13380210.jpg
尖沙咀(チムサーチョイ)で威厳溢れる半島酒店(ペニンシュラホテル)のクリスマスイルミネーションです。

前日通った時はサンタさんのネオンが消えていました。。。

b0248150_13403703.jpg
b0248150_13410801.jpg
今までの写真は彌敦道(ネイザンロード)側から来て横断歩道を渡りながら撮った写真です。

次は天星碼頭(スターフェリーピア)から来た時の写真です。

b0248150_13414032.jpg
b0248150_13471402.jpg
b0248150_13475601.jpg
b0248150_13481690.jpg
b0248150_13483930.jpg
シックで上品なイルミですね♥

最後にスマホで撮った写真も見て下さい。

b0248150_13500767.jpg
b0248150_13502636.jpg

b0248150_13514575.jpg
やはり粒子が荒いでしょうか?
ご意見お聞かせいただけたら光栄です。

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村


第一回プラチナブロガーコンテスト

by leslie339 | 2017-01-10 20:23 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(2)


新城市廣場(ニュータウンプラザ)のクリスマスデコレーション (海外旅行部門)

季節限定物シリーズまだ残っていました・・・(笑)

2016年12月7日
沙田(サーディン)の新城市廣場(ニュータウンプラザ)に行くと。

b0248150_14265038.jpg
新城市廣場クリスマスデコレーションの全景はこんな感じです。

b0248150_14444983.jpg
b0248150_14454731.jpg
皆さん撮影タイム!

b0248150_14521459.jpg
撮影タイムは終わったけれど横に人が入ってる。。。

b0248150_15013739.jpg
星に願いをなる催しもやっているようです。
1月15日までです、まだ間に合います。

b0248150_15030466.jpg
撮影タイムの人達が居なくなったので、その隙に・・・

b0248150_15041097.jpg
メイン?のツリーにはプレゼントの山がwww

b0248150_15051350.jpg
サブデコレーション。

b0248150_15055809.jpg
サブツリー。(笑)

b0248150_15064154.jpg
こちらもサブデコレーション。

b0248150_15072712.jpg
やっとメインデコレーションに辿り着きました。(笑)

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト

by leslie339 | 2017-01-09 22:42 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(0)


天子公民 末代皇帝溥儀@香港海防博物館5  (海外旅行部門)

つづきで最終章です。

b0248150_08093945.jpg
普通の公民。

b0248150_08161303.jpg
1960年代北京での愛新覚羅家の家族写真。

b0248150_08180157.jpg
1962年4月30日、溥儀は彼の一生の中で五番目の妻、李淑賢を娶る。

b0248150_08201419.jpg
1961年5月10日、周恩来総理が中南海に愛新覚羅家家族を招待する、老舎夫妻、程硯秋の残された後妻、西園寺公一夫妻、廖承志等が一同に昼食を共にした。

b0248150_08463578.jpg
1961年10月3日、溥儀は全国政協の歓迎帰国観光の華僑と香港、マカオの同胞が行った酒宴に参加した。

b0248150_08513620.jpg
1961年9月、溥儀は著名な詩人簫三の夫人とドイツ籍の新華社カメラマン記者、葉華のインタビューを受ける。

1967年10月17日北京で死去、享年61歳。

b0248150_08581736.jpg
1980年5月29日、全国政協は愛新覚羅溥儀、王耀武、廖耀湘、三人の政協委員補佐の追悼会を催した。

b0248150_09070534.jpg
最後に飾られていたのは溥儀の家族写真でしょうか?確認せずすみません。

激動の時代を生きたラストエンペラーもう一度映画を観たくなりました。

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト

by leslie339 | 2017-01-08 14:26 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(0)


天子公民 末代皇帝溥儀@香港海防博物館4  (海外旅行部門)

つづきです。

b0248150_20320317.jpg
何とも哀れな呼ばれ方です・・・

b0248150_20322903.jpg
b0248150_20354123.jpg
1945年8月、溥儀と親族、侍従までもソ連軍に捕らわれ捕虜としてソ連チタ?近郊のモロコブカ療養所へ送られる。

b0248150_20431307.jpg
1945年11月、溥儀と親族、侍従はソ連のハバロフスクの紅河別荘に送られ約十ヶ月監禁される。そこは現在休暇村になっている。

b0248150_21060748.jpg
ソ連ハバロフスク第45収容所。

b0248150_20513302.jpg
溥儀と親族、侍従は帰国後、撫順の戦犯管理所に監禁され、1959年特赦で解放される。そこは現在、往時陳列館になっている。

b0248150_20575164.jpg
1950年10月、朝鮮戦争が鴨緑江にまで及び、戦犯の安全の為、溥儀等の人達はハルピンの元満洲正陽警察署の監獄へ護送される、1954年3月戦闘が緩やかになり再び撫順に返される。その警察署は立て直され成道外公安分局になっている。

以下戦犯として捕らわれた人達一人一人の写真なんですが、余りにも可哀想で割愛させていただきます。

b0248150_21093946.jpg
1945年5月、日本軍の一級戦犯が極東軍事裁判の法廷に列をなして出廷、右列一番前は日本陸軍大佐土肥賢二、右列前から四番目が日本の陸軍大臣南次郎、二人はかつて溥儀を天津から中国東北部へ逃がす協議をし、偽満州国の執政をしていた。

b0248150_21170031.jpg
1946年8月7日、アソシエッドプレス社の報道。
ソ連に監禁されている溥儀はある日ウラジオストクに送られ極東軍事裁判に出ることを承諾させられ、その間彼はソ連領事館に滞在していた、その間彼は全てをソ連に監視されていた。

b0248150_21232246.jpg
1946年8月10日、インターナショナルニュースプレスサービスの報道。
溥儀は既に日本の厚木飛行場に降り立ち、彼は出廷したら日本が中国東北部及びその他の地方を侵略したと証明しようと考えていた。

b0248150_21272236.jpg
極東軍事裁判の法廷で宣誓する溥儀。

b0248150_21283061.jpg
極東軍事裁判の法廷で証言している期間、溥儀は「祥貴人」譚玉齢の写真を取り出した、年齢僅か22歳の愛人は日本人によって殺害された。

b0248150_21332261.jpg
写真の裏にはこう書かれています。

b0248150_21340550.jpg
譚玉齢の写真、胸が痛みます。

b0248150_21350414.jpg
偽満州国時代、日本はアヘン専売公署と通じ中国東北部のアヘン売買を独占、専売制度でアヘンが氾濫した。
1946年8月20日、インターナショナルニュースプレスサービスの報道。
溥儀は極東軍事裁判の法廷で日本の関東軍が毎年アヘン売買で得ていたお金は二億元にも達すると証言した。

b0248150_21452393.jpg
東京で出廷している期間、溥儀とソ連側監視人が連合軍の記者インタビューに応じ、溥儀はソ連での生活はあか抜けていて、家族とハバロフスクの二つ星ホテルに住んでいる、前途は未定だが、読書、散歩、麻雀、日本の将棋等を楽しんでいる最中と言っている。
インタビューは後に1948年9月23日の<士襪報>(英文名調べきれませんでした)に掲載された。

b0248150_21582325.jpg
1946年8月21日、極東軍事裁判の法廷で、日本側の弁護士が溥儀は天津に居た時自ら日本の陸軍大臣南次郎宛てに手紙を書いたと証言した、ただし溥儀は裁判の判定の結果それが偽造された物だと認められた。

b0248150_22031397.jpg
溥儀と親族がソ連に捕らわれていた間に書いた絵(複製)

b0248150_22051026.jpg
溥儀が逃亡時に携えていた真珠琺瑯金時計、彼は撫順に囚われて居た時他の宝物と交換した、現在は瀋陽の故宮博物館に展示されています。

b0248150_22110035.jpg
1956年、溥儀は撫順の戦犯管理所の計らいで炭鉱を参観。

b0248150_22125845.jpg
1956年7月、溥儀は瀋陽の中華人民共和国最高人民法院特別軍事法廷で証言した。

b0248150_22152445.jpg
エナメルのご飯容器、溥儀の戦犯番号981が書かれている。

b0248150_22202986.jpg
左が日本の大正十二年の十銭硬貨、右が偽満州国の大同三年一分硬貨の正面と裏面。

b0248150_22235434.jpg
最後に飾られていた写真、溥儀を取り囲んでいるのはソ連の人でしょうか?

つづく

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト


by leslie339 | 2017-01-07 22:32 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(0)


天子公民 末代皇帝溥儀@香港海防博物館3 (海外旅行部門)

つづきです。

b0248150_19211246.jpg
傀儡歳月、正に満洲国の始まりです。

b0248150_19222637.jpg
1932年9月15日、偽満州国国務院総理鄭孝と関東軍司令官兼駐滿特任全権大使武藤信義による勤民楼での「日滿議定書」調印式。

b0248150_19282537.jpg
1934年3月1日、溥儀は光緒皇帝の服装で新京南郊外の「天壇」で旧式の即位式を行った。

b0248150_19315818.jpg
偽満州国皇帝溥儀は「満洲帝国陸海軍大元帥の正装」で日本関東軍司令官菱刈隆と勤民楼の前で写真を撮る。

b0248150_19392563.jpg
「満州事変」後、国際連盟はリットン調査団を中国に送り調査を始める。1932年5月4日、溥儀は偽満州国皇宮の勤民楼で調査団に「私は満洲民衆の擁護で満洲に来た、私の国家は完全に自由自在だ」と述べた。

b0248150_19470062.jpg
「帝室御用頭」として派遣された吉岡安直、日本の陸軍士官学校の教官でした。

b0248150_19492852.jpg
b0248150_19494366.jpg
溥傑と嵯峨浩さんの結婚を伝える日本の記事。

b0248150_19512975.jpg
1934年に建てられ始めた偽満州国国務院。
一々偽と付けるところが中華圏の見方なのか・・・

b0248150_19531549.jpg
偽満州協和会会員章。

b0248150_19545858.jpg
初めての訪日期間、溥儀は靖国神社を参拝し、明治維新以来何度かの中国侵略戦争中に戦死した日本兵の鎮魂を祈った。

b0248150_19580034.jpg
二回目の訪日後、溥儀は日本から天照大神の神器を持ち帰り、新京の駅に着いた時の写真。

b0248150_19594146.jpg
最初の訪日期間、溥儀と昭和天皇は御一緒に代々木練兵場での閲兵式に出席した。
b0248150_20015129.jpg
偽満州皇宮の東南角に建てられた建国神社、偽満州が崩れた後すぐに焼かれた。

b0248150_20034618.jpg
大量の食料が吉林駅に運ばれ、日本軍の物資となった。

b0248150_20053608.jpg
1945年8月8日、ソ連が日本へ宣戦布告、中国東北部の日本軍へ侵攻していった。

b0248150_20050437.jpg
1945年8月17日、溥儀は写真の家の部屋で三度目の「退位勅書」を書いた。

b0248150_20061274.jpg
1945年8月19日、溥儀は日本ににげる途中瀋陽飛行場でソ連軍に拿捕される。図はソ連軍と日本が溥儀を飛行機に乗せるか乗せないかで交渉している情景。

展示室には満州国のお札や貨幣、勲章などとても興味深い物が展示されていました。

b0248150_20062803.jpg
展示室の最後に溥儀と昭和天皇が握手する写真がありました。

重い話ですが史実なので書かせていただきます。

つづく

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村


第一回プラチナブロガーコンテスト

by leslie339 | 2017-01-06 22:46 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(0)


天子公民 末代皇帝溥儀@香港海防博物館2 (海外旅行部門)

つづきです。

b0248150_19210517.jpg
宣統皇帝から紫禁城脱出、満洲国成立以前の時代です。

b0248150_19275944.jpg
溥儀の英語教師ジョンストン、この方は後に「紫禁城の黄昏」という本を執筆していますが、紫禁城内での溥儀の様子が判るとても興味深い本です、ご興味のある方は是非読んでみて下さい。

b0248150_19321096.jpg
1924年ジョンストンの計らいでインド人の詩人と庭で接見する溥儀。

b0248150_19352689.jpg
溥儀と両名の教育係の写真。

b0248150_19404976.jpg
紫禁城での軟禁生活中一応皇帝の座に戻った溥儀。

b0248150_19544226.jpg
溥儀の結婚祝いに紫禁城へ訪れる清時代のお偉いさんを門外で警備する民国政府の警備係。

b0248150_19580189.jpg
婚礼衣装を着た皇后の婉容と妃の分繍。

b0248150_20010844.jpg
溥儀の結婚衣装。

この部屋には皇帝の衣装も飾られていました、黄色地に豪華な五本爪の龍の、それはそれは豪華な御衣装でした。

b0248150_20052098.jpg
婚礼当日、溥儀と皇后が海外からの賓客に接見しているところです。

b0248150_20115243.jpg
宣統時代のおめでたい柄の陶磁器。

b0248150_20082623.jpg

b0248150_20121082.jpg
b0248150_20123052.jpg

b0248150_20124937.jpg
宣統時代の陶磁器裏面の刻印各種。

b0248150_20264898.jpg
1925年2月溥儀は天津の日本租界の張園に住み行政を行いながら海外の公使や軍関係者と合い西洋各国の支持を取り付けようとしていた。

b0248150_20175971.jpg
b0248150_20183071.jpg
溥儀と皇后が誕生日祝いに来た海外の客との接見場面。

b0248150_20224762.jpg
1929年7月、来訪者との写真。

b0248150_20200864.jpg
溥儀夫妻がカナダの大統領に接見。

b0248150_20212508.jpg
溥儀がイタリアへ閲兵に赴いた時の写真。
b0248150_20233068.jpg
溥儀が海外からの賓客と接見。

b0248150_20372812.jpg
溥儀と日本軍天津司令官香椎浩平中将の写真。

b0248150_20401797.jpg
溥儀夫妻と日本駐屯軍司令官小泉六一中将との面会写真。

b0248150_20473453.jpg
天津時代の溥儀夫妻。

b0248150_20505342.jpg
天津、張園での溥儀家族。

b0248150_22190254.jpg
天津時代に使っていた眼鏡やステレオや冷蔵庫も展示されていました。

b0248150_20422191.jpg
1924年11月29日、溥儀は北京の日本公使館へと居を移す。
写真は溥儀と日本兵営の竹本多吉大佐。

b0248150_20450833.jpg
1929年、溥儀と日本へ留学する溥傑と潤麒との写真。

b0248150_20241280.jpg
1931年11月2日夜、溥儀一行は日本の商船淡路丸で中国東北部を脱出。

b0248150_20581871.jpg
1932年2月16日、日本の関東軍と東北部四巨頭が瀋陽で開いた「建国会議」。

b0248150_20541631.jpg
1932年2月9日、日本人の画策の下「建国促進運動大会」の代表が、関東軍司令部に関東軍への建国協力を自ら求めに行った情景。

激動の時代へとつづく。。。

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村


by leslie339 | 2017-01-05 21:18 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(0)


天子公民 末代皇帝溥儀@香港海防博物館 (海外旅行部門)

季節限定ネタでいきます。

2016年12月6日

香港海防博物館(ミュージアムオブコスタルディフェンス)で2月13日まで行われている「天子公民 末代皇帝溥儀」展を観に行きました。
今の期間、香港海防博物館は免費(無料)です。

b0248150_13511880.jpg
満洲に興味があったので観に行きました。

しかし、香港海防博物館は筲箕灣站(サウケイワン駅)から遠いは、中は広すぎるは、おまけにこの日は26度もあって博物館に着いた時点で疲れ切っていました。。。

展示を観て行きましょう。

b0248150_13550700.jpg
末代皇帝、正にラストエンペラーです。

b0248150_13553075.jpg
これは溥儀が書いた物だそうです。

b0248150_14054625.jpg
溥儀の御両親。

溥儀の結婚衣装とか眼鏡などが展示されていたんですが写真を撮ろうとしたら「これは貴重な物ですから撮影は駄目です。」と言われました。
フラッシュ禁止のマークはあったけど撮影禁止とは書いて無いのに・・・
なので壁の展示物だけになります。。。(香港なのに・・・)

b0248150_14112810.jpg
先代皇帝とその生母と乳母?と妃かな?

b0248150_14140611.jpg
即位以前2歳の溥儀。

b0248150_14150061.jpg
家系図ですが細かすぎる・・・

b0248150_14154423.jpg
ロンドンニュースによる南京攻防の図。

b0248150_14171910.jpg
b0248150_14174906.jpg
袁世凱が正式に大統領になった後、各国の駐中国使節が謁見に来た図。

写真が撮れなかった事に気落ちして本日はここまでとします。

香港ナビさんに写真があります。

つづく

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村


第一回プラチナブロガーコンテスト

by leslie339 | 2017-01-02 22:35 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(0)


尖東(チムトン)のデコレーション2 (海外旅行部門)  

新年あけましておめでとうございます。新年快樂!m(_ _)m
今年も宜しくお願い致します。(時々消えます@笑)

つづきです。

富豪九龍酒店(リーガルロイヤルホテル)のイルミネーションの変化を御覧ください。
b0248150_16142811.jpg
b0248150_16204564.jpg
b0248150_16210457.jpg
b0248150_16213163.jpg
b0248150_16215151.jpg
b0248150_16221362.jpg
b0248150_16222985.jpg
b0248150_16225020.jpg
b0248150_16231029.jpg
b0248150_16233039.jpg
b0248150_16235565.jpg
こんな感じなんですが、もしかして、これって通年やっているんですか?尖東(チムトン)の夜に暗い管理人なので御存知の方はお知らせ下さいませ。m(_ _)m

b0248150_16242165.jpg
百周年記念花園(センチェネリーガーデン)の前の南洋中心(サウスシーズセンター)はこんなです。
忌廉哥(クリーム兄貴)が居なくなってから来ていません。。。

東海商業中心(イーストオーシャンセンター)はこんな感じの変化です。
サンタさんの外側の手に注目。(笑)
b0248150_16292955.jpg
b0248150_16330816.jpg
b0248150_16332966.jpg
b0248150_16341299.jpg
b0248150_16344083.jpg
絶対去年の方が凝ってた・・・

新文華中心(ニューマンダリンプラザ)のイルミの変化です。
b0248150_16364318.jpg
b0248150_16394028.jpg
b0248150_16400216.jpg
b0248150_16402119.jpg
b0248150_16404589.jpg
単にプレゼントの数が変わるという・・・・

去年の方が感動したのは久しぶりにイルミを観たからなのかな?それとも、やっぱり香港景気が悪くなっているのかな?

最後のオマケ。
b0248150_16432983.jpg
尖東側から観たK11、なぜかこちら側の方が豪華に感じるのは管理人だけでせうか?

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村


第一回プラチナブロガーコンテスト

by leslie339 | 2017-01-01 21:27 | 香港2016.12 | Trackback | Comments(0)

    

レスリー・チャンとクリーム兄貴の大ファンです。
by 花襲人
最新の記事
廟街点描
at 2019-08-21 22:15
四季煲仔飯
at 2019-08-20 22:14
夜の天星小輪再び@中環→尖沙咀
at 2019-08-19 21:55
人力車觀光巴士H2@半島酒店..
at 2019-08-18 22:56
人力車觀光巴士リベンジ
at 2019-08-17 22:17
ちょこっと深水埗
at 2019-08-16 22:01
中國冰室
at 2019-08-15 21:31
澳門翠苑餐廳
at 2019-08-14 22:18
両替とおやつ?
at 2019-08-12 21:54
風景戳@尖沙咀郵政局
at 2019-08-11 21:34
ルームチェンジ
at 2019-08-10 21:39
2019.4.3(水)振り返り
at 2019-08-09 22:02
九巴260X@華都花園→新港中心
at 2019-08-08 22:32
夜半歌聲@英皇戯院 屯門新都商埸
at 2019-08-07 22:21
輕鐵614@大棠路→市中心
at 2019-08-06 22:04
罷工!
at 2019-08-05 12:00
雞公碗專賣店
at 2019-08-04 22:17
佳記甜品
at 2019-08-03 21:26
小巴が来ない~
at 2019-08-02 22:11
九巴68M巴士@荃灣站→元朗..
at 2019-08-01 22:04
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
記事ランキング
最新のトラックバック
ファン
その他のジャンル