香港貧乏旅日記 時々レスリー・チャン


2015年 05月 29日 ( 1 )



香港鐵路博物館

ぶらぶら歩いて鐵路博物館に到着しました、所々に標識が出ているので、それに従って行けば無問題。

b0248150_07513760.jpg
正式名称は香港鐵路博物館(ホンコンレイルウェイミュージアム)です。
入場料は免費(無料)です、ケチケチ旅には博物館巡りが持って来いです、香港の博物館は何処も入場料が10香港ドル程度ですが、その割り以上に内容が充実しています、特に歴史博物館と文化博物館。
公営の物はどれも安くて本当に楽しめます、民営の物はそれなりの場合が多いですが・・・

b0248150_07545743.jpg
昔の大埔墟站(タイポーマーケット駅)を移設しリニューアルした物です。

b0248150_07563255.jpg
昔の切符売り場。

b0248150_07573525.jpg

b0248150_07584495.jpg
b0248150_07591410.jpg
中に入ると、昔の切符が展示されていました。

b0248150_08001876.jpg
こちらは月票(一ヶ月定期券)。

b0248150_08012918.jpg
これは月台票と書かれているので入場券だと思われます。

b0248150_08032582.jpg
切符売り場の中側です。

b0248150_08045247.jpg
展示品の中にこんなのを見付けました。

b0248150_08060674.jpg
昔は粉嶺から沙頭角まで支線があったそうです。
これは、知りませんでした。

粉嶺ー沙頭角支線は1912年4月正式開通、軌道は狭軌、全長7.25マイル、途中に3個の駅があり、この短い路線を55分も掛かって走っていたそうです。
客車には屋根も無く乗客には不評の様でした。

b0248150_08361564.jpg
運賃は粉嶺ー洪嶺 5セント、禾抗 10セント、石涌凹 15セント、沙頭角 20セント。(1911年12月)

1928年沙頭角公路が完成し、1928年4月1日沙頭角支線は17年の歴史に幕を閉じました。

b0248150_08193831.jpg
九廣鐵路時刻表。(1925年9月11日)

b0248150_08294326.jpg
尖沙咀站(チムサーチョイ駅)。
今では、こんな所に駅があったなんて信じられないですね。

b0248150_08331131.jpg
現在の鐵路地図。
下の予定線が気になりますね。

次回は屋外展示をお贈りします。

お気に召したら↓ポチッとお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村


「九廣鐵路的歷史 (廣東話版)」

花襲人



by leslie339 | 2015-05-29 22:32 | 香港2015.4 | Trackback | Comments(0)

    

レスリー・チャンとクリーム兄貴の大ファンです。
by 花襲人
最新の記事
2019.4.4(木)振り返り
at 2019-08-22 22:00
廟街点描
at 2019-08-21 22:15
四季煲仔飯
at 2019-08-20 22:14
夜の天星小輪再び@中環→尖沙咀
at 2019-08-19 21:55
人力車觀光巴士H2@半島酒店..
at 2019-08-18 22:56
人力車觀光巴士リベンジ
at 2019-08-17 22:17
ちょこっと深水埗
at 2019-08-16 22:01
中國冰室
at 2019-08-15 21:31
澳門翠苑餐廳
at 2019-08-14 22:18
両替とおやつ?
at 2019-08-12 21:54
風景戳@尖沙咀郵政局
at 2019-08-11 21:34
ルームチェンジ
at 2019-08-10 21:39
2019.4.3(水)振り返り
at 2019-08-09 22:02
九巴260X@華都花園→新港中心
at 2019-08-08 22:32
夜半歌聲@英皇戯院 屯門新都商埸
at 2019-08-07 22:21
輕鐵614@大棠路→市中心
at 2019-08-06 22:04
罷工!
at 2019-08-05 12:00
雞公碗專賣店
at 2019-08-04 22:17
佳記甜品
at 2019-08-03 21:26
小巴が来ない~
at 2019-08-02 22:11
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
記事ランキング
最新のトラックバック
ファン
その他のジャンル