香港貧乏旅日記 時々レスリー・チャン


漢堡麵包西餅

2018.3.30(五)

漢堡麵包西餅_b0248150_04395106.jpg
先ほど降りた北河街Pei Ho St.のバス停のすぐ近くにある漢堡麵包西餅Hamburg Bakeryに立ち寄りました。


漢堡麵包西餅_b0248150_04410682.jpg
まず目が行ったのは大好きな鶏仔餅。(↓に鶏仔餅の簡単な説明付けました。)

この位の大きさになると試食させて下さい、と言うには大きいし、一つ買うには小さ過ぎるし、一番困りますが、食べたかったので取り敢えず買ってみました。

漢堡麵包西餅_b0248150_19421657.jpg
半磅(½ポンド:1ポンド=453.6㌘)で20HK$。


漢堡麵包西餅_b0248150_04423586.jpg
漢堡麵包西餅_b0248150_04425499.jpg
ごく普通の香港式?パン屋さんです。
トレーに自取りではなく対面販売。

パン屋さんで鶏仔餅を売っているなんて、さすが深水埗Sham Shui Poです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鶏仔餅(カイチャイペン)又の名を小鳳餅(シウフォンペン)

餡は砂糖と焼酎に漬けた脂身の多い豚肉、梅菜(高菜漬けに似ています) 、ピーナッツ、胡麻、杏仁、かぼちゃの種、ウォールナッツ、オリーブの種の核などを砂糖、塩、胡椒、五香粉で味付けし、月餅の皮の材料で包んで焼いたもの。
香港のものには更に南乳(紅麹で発酵させた豆腐)が入っています。

名前の由来には諸説があり
創始者の名前が小鳳。
形がひよこに似ているので、小鶏(ひよこ)餅と呼ばれていましたが“鶏”の雅な呼び名“鳳”で商標登録され小鳳餅となった。
小鳳餅の人気店のパッケージがひよこの柄であったために鶏仔(広東語でひよこ)餅と呼ばれるようになった等、諸説あります。

お味には、とても癖があるのですが気に入れば、はまっちゃうタイプのお菓子です、一度お試しあれ。

花襲人

by leslie339 | 2018-05-23 22:01 | 香港2018.4 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


<< 維記咖啡粉麵      九巴6號巴士@中間道→北河街 >>

レスリー・チャンとクリーム兄貴の大ファンです。
by 花襲人
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
2020年1月の旅行記始めます
at 2020-01-28 22:22
ふらり油麻
at 2020-01-09 00:00
朝の尖沙咀
at 2020-01-08 22:15
2019.12.1(日)振り返り
at 2020-01-07 22:49
尖沙咀巡回
at 2020-01-05 22:39
一旦宿に戻ります
at 2020-01-04 22:39
源興美食@西九龍中心
at 2020-01-03 22:33
綠林甜品
at 2020-01-02 22:24
JCCAC辺り
at 2020-01-01 22:31
九巴6號巴士@中間道→北河街
at 2019-12-31 22:42
佐敦散歩
at 2019-12-30 22:29
澳洲牛奶公司
at 2019-12-29 22:45
機場→宿
at 2019-12-28 22:31
香港國際機場到着
at 2019-12-27 22:04
UO33便搭乗
at 2019-12-26 22:10
2019年12月の旅行記始めます
at 2019-12-25 22:28
紅磡站へ
at 2019-12-02 09:12
2019.9.15(日)振り返り
at 2019-12-01 18:00
九巴6號巴士@東京街→金馬倫道
at 2019-12-01 15:00
洪慶海鮮燒臘飯店
at 2019-12-01 12:09
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
記事ランキング
最新のトラックバック
ファン
その他のジャンル