香港貧乏旅日記 時々レスリー・チャン


李鄭屋漢墓博物館

2017.12.13(三)

李鄭屋漢墓博物館_b0248150_05395603.jpg
龍寶酒家Dragon Place Restaurantから歩いてG小姐、L小姐と一緒に李鄭屋漢墓博物館Lee Cheng Uk Han Tomb Museumにやって来ました。
もちろん免費(無料)です。
管理人が行った時には係のおじさん以外、誰もいませんでした。
古墳を見る前のエントランスには、古墳に関する解説と、なぜか香港の団地に関する展示がありました。
多分、古墳が団地を作っている時に発見されたからなのかもしれません。


李鄭屋漢墓博物館_b0248150_05413557.jpg
メインの展示の古墳の内部はガラス越しに見学出来るようになっています。


李鄭屋漢墓博物館_b0248150_05424024.jpg
香港で古墳の見学をするとは、とっても意外です。


李鄭屋漢墓博物館_b0248150_05432130.jpg
覗けるのは正面から棺が安置されていた中心の部屋だけです。
両脇はこのように山の部分のままです。


李鄭屋漢墓博物館_b0248150_05442590.jpg
上はこのように簡易な天井で覆われています。

古墳と一緒に出土した土器のかけらなども展示されていました。

この博物館について。
李鄭屋漢墓博物館
香港九龍長沙灣東京街41號
香港歴史博物館HK Museum of History5分館の1つ。

1955年8月、香港政府は公共団地を李鄭屋村に建てるため8月9日山の掘削を行っていた時、東漢の墳墓を発見。
香港大学主任、林仰山Frederick Sequier Drake教授が学生とともに発掘。
その後、市政局は保護のため鉄筋コンクリートで外壁を固め。
1988年12月香港法定古跡に指定。

香港の歴史は大好きなのですが、中国四千年の歴史は苦手なので細かい来歴についてはご容赦くださいませ。(ダメだこりゃ!)

花襲人

by leslie339 | 2018-03-31 15:00 | 香港2017.12 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


<< 麥當勞McDonald's      龍寶酒家 食事編 >>

レスリー・チャンとクリーム兄貴の大ファンです。
by 花襲人
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
帰りがけに美樂士多
at 2020-08-10 22:09
麥當勞と幻彩詠香江 
at 2020-08-09 22:18
九巴6號巴士@北河街→尖沙咀碼頭
at 2020-08-08 22:24
文記車仔麵
at 2020-08-07 22:12
九巴6號巴士@中間道→北河街
at 2020-08-06 22:44
過海隧道巴士110號@琴行街..
at 2020-08-05 22:18
協成粥品
at 2020-08-04 22:21
トラム東行@金鐘港鐵站→春秧街
at 2020-08-03 22:20
ふらり金鐘
at 2020-08-02 22:16
ふらり中環 part 3
at 2020-08-01 22:08
ふらり中環 part 2
at 2020-07-31 22:06
ふらり中環 part 1
at 2020-07-30 22:03
朝食へ
at 2020-07-29 22:03
天星小輪@尖沙咀→中環
at 2020-07-28 22:33
朝のルーティーン→天星碼頭に..
at 2020-07-27 22:01
2020.1.13(月)振り返り
at 2020-07-26 22:09
宿に戻ります
at 2020-07-25 21:46
今日も幻彩詠香江
at 2020-07-24 23:08
幻彩詠香江A Symphon..
at 2020-07-23 22:12
天星小輪@中環→尖沙咀
at 2020-07-22 22:05
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
記事ランキング
最新のトラックバック
ファン
その他のジャンル