香港貧乏旅日記 時々レスリー・チャン


灣仔 春園街散策 

b0248150_07485860.jpg
春園街(スプリングガーデンレーン)にやって来ました。
ここは昔、色町で家々に大きな数字が書かれていた為「大冧巴」(ビックナンバー)と呼ばれていました、外国人の娼婦が主で日本のからゆきさんも居たそうです、何となくそんな風情を求めてって考えたら香港にそんな物、残っているはずありませんよね・・・石塘咀(セットンチョイ)を見れば分かるのに・・・

b0248150_08024959.jpg
昔の写真を見ると2階建ての家が主でしたが、そんな物、残っているはずもありません。。。

b0248150_08044326.jpg
この辺りが主に栄えていた所だそうです。

b0248150_08062266.jpg
交加街(クロスストリート)に入ると、露天だらけで灣仔らしい活気に満ちた通りになりました。
こういう露店のある道が大好きです、見た瞬間に興奮してしまいます。

香港に昔の残り香を求めようなんて無謀な考えは失敗に終わりました。

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村

花襲人



by leslie339 | 2016-03-10 23:22 | 香港2015.12 | Comments(2)
Commented by hongkonggaffe at 2016-03-15 11:54
ほんと、そうですね。花襲人さんと同じく、昔の建物が残っているのを目にすると、気持ちが華やぎます。
「華やぐ」って、古き物に出会えた時に使うには、一般的には相応しい表現じゃないのかな?でも、花襲人さんも自分も、この地ではそんな華やぎ方をするんですよね。
スクラップ&ビルドで、突然目新しい物が増えれば増えるほど、そう感じちゃうのは皮肉ですよねぇ。。。
Commented by leslie339 at 2016-03-15 22:56
☆こえださん
そう「華やぐ」か「萌え」か何て言ったら良いのか難しいけれど昔の建物が大好きなんですよ。(日本のも含めて)
本当に香港って突然変わりますからね、昔の写真やビデオが好きなのかも知れません。
スクラップ&ビルド、お隣りの国のせいで進みそうですね。。。悲しいです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


<< 良い香りに誘われて權記雲呑麺       汕頭街にて  >>

レスリー・チャンとクリーム兄貴の大ファンです。
by 花襲人
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
九龍專綫小巴3號@碧街→尖沙..
at 2019-11-30 22:46
忌廉家族と一豆花
at 2019-11-29 22:29
油麻地果欄へ
at 2019-11-28 22:59
ふらり佐敦
at 2019-11-27 22:11
有緣小敍@佐敦
at 2019-11-26 22:28
尖東→柯士甸
at 2019-11-25 22:11
九龍清真寺
at 2019-11-24 22:26
Don Don Donkiに..
at 2019-11-23 22:22
偵察(?)大叔的愛
at 2019-11-22 22:29
2019.9.14(土)振り返り
at 2019-11-21 22:19
尖沙咀天星碼頭→宿
at 2019-11-20 22:07
天星小輪@尖沙咀↔中環
at 2019-11-19 22:46
尖沙咀天星碼頭へ
at 2019-11-18 22:22
西九龍中心→宿
at 2019-11-17 22:01
源興美食@西九龍中心
at 2019-11-16 22:24
香港文化博物館→深水埗
at 2019-11-15 22:22
香港文化博物館の中をブラブラ
at 2019-11-14 22:16
11.11全港三罷
at 2019-11-11 20:52
香港文化博物館で昼食?
at 2019-11-10 22:14
九巴81C巴士@海防道→車公廟
at 2019-11-09 22:24
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
記事ランキング
最新のトラックバック
ファン
その他のジャンル