香港貧乏旅日記 時々レスリー・チャン


永明粥店 

芒果班戟(マンゴーパンケーキ)を食べた後そう言えばお昼ご飯を食べていなかった事に気付きました。

b0248150_05060114.jpg
近所をブラブラしていると永明粥店と言う安そうな店を発見。
さっそく入ってみました。

b0248150_05064641.jpg
b0248150_05074147.jpg
安いです!
普段なら皮蛋痩肉粥(ピータンと豚の赤身の粥)16HK$を頼むところですが、ここは奮発?して大好きな及第粥(各種モツ入り粥)21HK$を頼みました。(街中なら間違え無く35HK$越えです。)

b0248150_05122288.jpg
やって来ました~~~

b0248150_05125791.jpg
モツも沢山入っています、お味も最高これは当たりです!
リピ決定!

b0248150_05142818.jpg
お店の外を見ると小巴(ミニバス)のバンパーどう見ても接触していますよね、ヨーロッパではバンパーの接触は全く気にしないので香港もそうなのかと初めて知りました。

今まで黄埔(ウォンポ)しか行った事が無かったので紅磡(ホンハム)を再発見しました!
次回からは紅磡通いが続くかもしれません。(笑)

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村

花襲人



by leslie339 | 2016-01-20 23:06 | 香港2015.12 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://leslie339.exblog.jp/tb/25285587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hongkonggaffe at 2016-01-21 05:29
お粥さん(おらが地方では「さん」づけでした:笑)美味しそうですねぇ。そうそう、こういうお店だと、こうやって色つきのメラミン食器でドンッと出されるのが気分ですね。「おいおい!お粥の熱でメラミンから悪い物質が溶け出て来るやん!」・・・などと・・・思ったことが1度もありません(笑)・・・よね?(爆)。
お店の良心と紅磡だからこその価格なのでしょうか。MTRが通るとお粥1杯この値段で商っていけるのかなぁ。【 美味しい + 踏ん張ってるお店 = 残ってて欲しい 】 に再訪出来ますように。
Commented by leslie339 at 2016-01-21 21:28
☆こえださん
えっ!メラミンってなんかヤバイんですか?(爆)
そうですねMTR通ると便利なんですが地価や家賃の上昇避けられませんからね。。。
【 美味しい + 踏ん張ってるお店 = 残ってて欲しい 】これ良い言葉ですね~~~
次回(いつ?)再訪出来ますように、願いを込めて。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


<< 寶石戲院の体重計       紅磡雞蛋仔  >>

レスリー・チャンとクリーム兄貴の大ファンです。
by 花襲人
最新の記事
2019.4.4(木)振り返り
at 2019-08-22 22:00
廟街点描
at 2019-08-21 22:15
四季煲仔飯
at 2019-08-20 22:14
夜の天星小輪再び@中環→尖沙咀
at 2019-08-19 21:55
人力車觀光巴士H2@半島酒店..
at 2019-08-18 22:56
人力車觀光巴士リベンジ
at 2019-08-17 22:17
ちょこっと深水埗
at 2019-08-16 22:01
中國冰室
at 2019-08-15 21:31
澳門翠苑餐廳
at 2019-08-14 22:18
両替とおやつ?
at 2019-08-12 21:54
風景戳@尖沙咀郵政局
at 2019-08-11 21:34
ルームチェンジ
at 2019-08-10 21:39
2019.4.3(水)振り返り
at 2019-08-09 22:02
九巴260X@華都花園→新港中心
at 2019-08-08 22:32
夜半歌聲@英皇戯院 屯門新都商埸
at 2019-08-07 22:21
輕鐵614@大棠路→市中心
at 2019-08-06 22:04
罷工!
at 2019-08-05 12:00
雞公碗專賣店
at 2019-08-04 22:17
佳記甜品
at 2019-08-03 21:26
小巴が来ない~
at 2019-08-02 22:11
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
記事ランキング
最新のトラックバック
ファン
その他のジャンル