香港貧乏旅日記 時々レスリー・チャン


跨越海洋@香港歴史博物館(HKミュージアムオブヒストリー)3 (海外旅行部門)

つづきです。

映像の特設コーナーがありました。
b0248150_09583214.jpg
原版は奈良の国立博物館にあるそうです。
日本の仏教と中国の関りが密接だったことが解ります。

b0248150_10021017.jpg
建仁寺の碑文。

b0248150_10041829.jpg
建仁寺内の≪榮西禅師の茶碑≫

b0248150_10062091.jpg
寧波と日韓の文化的交流。

b0248150_10073502.jpg
日本人僧の最澄と空海が茶葉(茶の種)を日本に持ち帰った。
南宋の時期、栄西は≪喫茶養生記≫を書き、日本の茶道文化は寧波の影響下で発展形成されていった。
その他、餘姚人の朱舜水は中国の儀礼制度、建築造営、農業園芸から服飾等を日本に赴き紹介した。

b0248150_10364404.jpg
天童寺、別名「東南佛國」、歴史上最も多くの日本人僧が禅を学んだ、中外の仏教文化の交流に重要な役割を果たした。

b0248150_10424247.jpg
栄西、日本人僧、南宋年間天童寺で禅を五年間学ぶ、中国仏教の臨済宗を日本に伝える。

b0248150_10491325.jpg
道元、日本人僧、南宋年間、天童寺に入り仏法を学ぶ、帰国後日本の曹洞宗大本山永平寺を作り、天童寺はその源流である。

b0248150_10561750.jpg
蘭渓道隆、天童寺の名僧、南宋年間日本に渡り、最初に日本に禅を伝えた中国の禅僧。

b0248150_11005869.jpg
無学祖元、鄧県の僧、1279年日本に赴き禅宗を広める、彼の伝えた「仏光派」は禅宗で日本に最も影響を与えた。

b0248150_11115883.jpg
奈良東大寺の南大門は、和卿(南宋年間の仏像彫刻家)の主導で再建された。
南宋年間、北宋の浙東仏教建築が日本に伝わり、鎌倉時代の新建築様式となり、「天竺様式」或いは「大仏様式」と呼ばれている。

b0248150_11530417.jpg
奈良の国立博物館に所蔵されている、中国の仏画。

本日は固い話題になってしまいました、原文からの翻訳ですので見方が中国寄りになっています。

つづく

花襲人

「いいね」の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村

第一回プラチナブロガーコンテスト

by leslie339 | 2017-01-18 21:47 | 香港2016.12

<< 跨越海洋@香港歴史博物館(HK...      跨越海洋@香港歴史博物館(HK... >>

レスリー・チャンとクリーム兄貴の大ファンです。レスリーファンの方はhttp://leslie128.exblog.jp/のブログ「レスリー・チャン 一生最愛張國榮」を御覧下さい。
by 花襲人
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
記事ランキング
最新のトラックバック
ファン
その他のジャンル